2005年12月26日

総評 「D.C.S.S. ダ・カーポセカンドシーズン」

D.C.S.S. ダ・カーポセカンドシーズン が最終回を迎えました。
純一と音夢死ねの嵐の中、なんとも無難な終わり方でしたが、
一応個人的に総評なんかをやっておこうと思います。

●●●○○ 総合で3ポイント となりました。

●●○○○ 2 ストーリー
●●●○○ 3 作画&動画
●●○○○ 2 ネタ
●●●●○ 4 萌え
●●●●○ 4 実況


作画・動画 は所々手抜きがあったものの、力を入れるところを絞ってあったので
平均的には普通だったかな、と思いました。3.5くらいかもしれません。


ネタ度 で言いますと、ピンクの謎のクマが途中でネタになると思っていたのですが
全く触れることなく終了。
そのほかではネタといえるネタは美春のバナナ&2chネタくらいでしょうか。
ストーリーに重点を置かざるを得ないエロゲ原作は厳しいところなんでしょうかね。


萌え についてですが、このアニメではこれが一番の要素だといえるでしょう。

音夢  正統派の妹キャラ
さくら 隣に住んでいるお兄ちゃんと慕ってくる元幼馴染&ちっちゃい
ことり 学園のアイドル。純粋
眞子  ボーイッシュ。何かと主人公にかまってくる
萌   エロ担当だが実はさみしい過去を背負っている巨乳
美春  バナナ

そして今回はキャラが増え、さらに萌えのジャンルが幅広くなりました。

アイシア 一途で純粋な魔法使い。天然ボケ
アリス  おとなしい。対人恐怖症ぎみ
ななこ  ヲタ。メガネっ娘
環    和風。巫女。弓道娘
杉並   天才。クールでかっこいい。空気が激しく読めている
工藤   芹沢

といった、パッと見た感じこれって適当なんjと思うくらいのキャラ数ですが、
前作で足りなかった萌え要素を補うことにより、
萌えの需要を均一に満たすことが出来、成功だったと言えるかもしれません。


そして最後に実況の盛り上がり具合。
レスの大半が「おんむ死ね」とか「〜(*´ρ`)ハァハァ」「〜キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!」など
決まったフレーズで埋まっていたという状態だったのですが、
実況でお決まりが出来る、ということは盛り上がりやすいアニメだったともいえるでしょう。

さくらが出るまでのジワジワ溜め、途中からのアイシア萌え化など、
いろいろ楽しませて貰ったところも沢山ありましたし、
それぞれがそれぞれ好きなキャラに感情移入できる、ということを踏まえると
実況は5点中4ポイントくらいが妥当かな、っと。


最後にストーリー ですが・・・
これは構成が雑な印象を受けました。
前作と比べるのはナンセンスだとは思いますが、最後にかけての盛り上がりが前作と比べると、
残念ながら全く盛り上がらなかったと言っても過言ではないと思います・・・
終盤に詰め込みすぎて、時間不足でしたね。
今回は重いストーリーをやらずに軽く済ませようとしていたのでしょうか?

この調子だとダカーポ2もアニメ化するんでしょうけど、
次回作ではここら辺の詰めを良くしてくれたら最高だと思います。



というわけで「D.C.S.S. ダ・カーポセカンドシーズン」の総合評価は3ポイントでした。
個人的には終始眞子(*´ρ`)ハァハァに尽きたのですが、
音夢以外が切ない感じのENDだったのが残念です。
もうちょっとサブキャラの出番も欲しかったところですし・・・
何よりことりが不憫で不憫で悲しかったままなのが×ですかね。

最後に、
「続編を作らなかった方がよかった」とか「蛇足だった」とか言われていますが
個人的には結構楽しめたと思います。
前作が好きだった人はお気に入りキャラが出てくるだけでそれなりに楽しめたのではw?

お疲れ様でした>スタッフ様方々
次はぜひ消化不良無し でお願いします!




おんむ氏ね


posted by 埼玉より愛をこめたが戻ってこなかった at 15:37| Comment(0) | TrackBack(2) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

総評&総括:D.C.S.S.〜ダ・カーポ セカンドシーズン〜
Excerpt: D.C.S.S.の物語は、一体誰の物語だったのか。この物語で、何を伝えたかったのか。Ranke的「良かった探し」解釈で、全26話の物語の総括と感想のまとめを行います。
Weblog: ダメオタRの徒然雑記
Tracked: 2005-12-31 21:06

魔法少女リリカルだっしゅHeartS.S.
Excerpt:  今期終了のアニメでレビューや感想を書い
Weblog: 詩稀村通信
Tracked: 2006-01-04 14:58
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。