2006年04月29日

「K26P」届いたーヽ(´ー`)ノ レポ編

というわけで通称ケニロッパことAKG「K26P」が届いたのでれぽ。

まず最初の印象は、「ちっちゃ!」

思ったよりも小さくて、びっくりしました。
ネットの写真などだとスケールがわかりづらいので
実測サイズをチェックしてないと驚くかもしれないかも、です。

そして視聴・・・
使用したプレーヤは古きの名機SONY CDP-911ヘッドフォン端子から、です。


ふむふ・・・!?・・・む・・・

ふむ・・・


肝心の音質ですが

各所で言われているように
低音域がボワーっとブーストされていて耳に音圧を感じるほど。
高音は多少ツンケンしていますが抜けは結構良い。

とここまではいいのですが、問題は中音域。

靄がかかったような印象。
全体的に低音がブーストされているのでその感覚は余計に感じることができます。
ただ「ほとんど出ていない」というよりは
「出ているけど他の部分に押されている」という感じで、
バランスの問題なのかも。

確かにこれだけ聴くと低音スキーにはたまらない一品かも知れないですねw
ただCD一枚聴いただけでも多少の変化を感じるくらい
エージングしやすいようで(それでも100時間鳴らせとのことですが)
これからどんどん変わっていくようです。
なので低音SUGEEEEEEEEEE!!と思って買うと痛い目に合うかも。。

今のところ靄がかかっているところとヌケているところの緩急が激しくて
かなーり耳が疲れます('A`)
ただ音量はそこそこまで上げても悪くないですし、
本質的に持っているパフォーマンスはかなり高い感じがしますね。


そして 付け心地 ですが

これは個人的には何も問題ないかと思います。
というのも、どのレビューを見ても「締め付けが強い」とか
「頭が痛い」等評価されているようなのですが、
まずポータブルヘッドフォンという分類、そしてコンパクトな作り。
使用するのが家ではなく出先や移動で使う、という人には
かなり丁度いいのではないでしょうか。

ただもうちょっと高い部類のやわらかフィットなヘッドフォンに慣れてしまっている方や
インナーイヤーかカナルしかつかわねぇよヽ(`Д´)ノといった方は
最初の締め付けに驚くかもしれません。

あとコードがちょっと安っぽいところですかね。
ポータブル機なので仕方が無いのかもしれないですが
もうちょっと高級感を出してもよかったと思います。
結構よじれます。



総評

今のところは低音が問題アリ。ブーミーすぎ。
高音が少々ツンツンしており、中音〜低音が靄がかっている。
ただ高音域の上へのヌケは良い。
付け心地は
今のところは値段相応にもなっていないのが現状です。

しかしこのヘッドフォンの本質はエージング後にあるそうで、
100時間ほどで随分バランスが取れてくるらしいです。
なのでどうもこうも判断できないのが現状です。。

まぁでも今の時点でも同価格帯のオーディオテクニカなんかよりはいいと思いますよ・・・w

とりあえずエージングが済むまで保留です。
音が変わってきたらまたレポしますー



追記

■鳴らし続けて3時間経過
 低音の音像が少しだけくっきりとしてきました。
 中音〜高音の間の音に多少艶が出てきて先ほどエロい音がでました(*´ρ`)ハァハァ
 エージングでかなり変わると聞いてましたけど、
 ここまで最初っからこんなに変わるとは思ってもいませんでした。
 今太鼓とか聴いたらすごく良さそう。

■鳴らし続けて7時間経過
 中音を鳴らすため、ピアノとボサノヴァっぽいCDでエージング。
 しばらく鳴らしていたらピアノの解像度はすこーしだけ上がりました。
 しかし低音は相変わらずブーミー。
 外で使うには丁度いいのかもしれないのですがこれは流石に・・・

 それにしてもものすごいエージング体験機ですな>ケニロッパ
 エージングを迷信としているアンチ派の人は
 是非このヘッドフォンで遊んでみて欲しいところです。

 さて、「変わった」と言っても目に見えるような変化ではなく
 実は普通の人からしたら微々たるものだったりします。
 これからどうなるのでしょうか・・・

■12時間経過
 今までの変化がプラセボ効果なのではないかとソワソワしてきた・・・
 というのも、やはりたった12時間で変わるとは思えないからだ。
 しかしながらクラシックは聴きやすくなってきたし、
 低音も多少(微々たるものだが最初よりは)締まってきたように思える。

 このヘッドフォンに慣れてきたということもあり、
 だんだんとどういう音楽が向いているのかわかってきた気がします。
 とりあえず帯域の広く出ている惑星のCDでエージング中・・・

■合計50時間ほど経過〜
 15時間くらい過ぎたころから明確な変化はなく、
 おそらく普通の状態になった模様。
 そして今50時間ほど経った状態で聴いています。

 買ってきた最初の視聴と比べると、かなりいい感じになったのがわかります。
 低音がかなり引き締まってきて、高音域のツンツンがなくなって丁度よくなりました。
 ただ問題の中音域はいまだあまり変わらず。
 曇ってる感じが否めません。
 最初よりはすこーしましになりましたけど。

 というわけで、これで順調にエージングが進んでる・・・んですよね?
 今はオーケストラを聴くのが楽しいですヽ(´ー`)ノ
 打楽器のパワーがずしんとはっきりとこちらに向かってくるのがわかって楽しい!
 普通に解像度もこの価格にしてはいいです。
 特に高音域の解像度の良さ、が個人的に好きです。
 ここまできてやっと、人に薦められるレベルかなぁ。
 最終的にどんなバランスになるのか・・・

posted by 埼玉より愛をこめたが戻ってこなかった at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デジモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。